先日、生まれて初めて死にたいと思った。自分でもびっくり

先日、生まれて初めて死にたいと思った。


ウツ歴は結構長いものの、
死にたいとまで思ったことはなかった。


思ったからと言って、何か実行に移したわけじゃないけど
すべてから逃げたい、もうどうしようもない、重すぎる、
死にたい、

と思った自分に驚いた。


これか。
「希死念慮」ってやつは。
と初めて思った。


でも私は死なない。死にたいとふと思っただけ。
死なない。

死なないけど死にたいほどつらい。そういうことだ。



思わず夫に弱音メールを書いた。
もう逃げたい。すべてから逃げたい。
みんながみんな私に頼ってくる。私にはもう無理。

私はこんなに調子が悪くて鬱病で、普通の判断力さえないのに、
すべてすべて私の肩にかかってくる。
一番大事にすべき夫の面倒も何も見られないのに。家事もできないのに。
なのに実家の用事やら海外からの客やら兄弟との連絡やら
みんながみんな私に頼ってくる。
もう無理。逃げたい。死にたい。と書いた。

けど出さなかった。

そんなメール受け取ったって夫に負担をかけるだけ。
どうせ私は死なないんだから。
自殺しようと何かやってみることもない。
死にたいとちょっと感じただけ。だから送らない。

書いたそのまま、送信しなかった。

いつか自分で読み直そうと思って保存した。



すべて状況をそうしたのは自分なんだ。
結局私がいないと何もできない母にしてしまったのも自分。
母が兄たちに一切頼らず私に頼るようになってしまったのも自分のせい。
母と兄弟の連絡役になってしまったのも自分。
いちいち「言っといて」「伝えて」「いつなのか聞いてくれ」
すべての連絡が私を通ることになる。
大人なんだから直接やってくれよ!!!!!!


海外からの客だって、こんなに自分がつらい状況なのに
色々面倒みることにしてしまったのも自分。
そのために知り合いに色々頼んで気を遣い過ぎて
死にそうに疲れてぶっ倒れたのも自分のせい。

みんなは良かれと思ってやっているんだよね。
お・も・て・な・し・ってやつだ。
だから予定していたより大幅に長くなったり余計な用事が増えたりして
通訳する私にはものすごく負担が大きくなる。
みんなはその日だけ1回だけだからいいよ。私はずっとなんだよ。
私はいつもみんなの間に立って、最大限に気を遣って
鬱で頭が働かないのに無理に力をふり絞って、
声が枯れて頭がおかしくなってぶっ倒れた。



すべて自分のせい。


だから誰も責められない。


夢の中で、死んだ父がよく出てくる。
死ぬ前にもう一度家に連れて帰ってやらなかったことが
悔やまれて悔やまれて悔やまれて、自分をずっと責めていたせい。

ごめんね、ごめんね、ごめんね!!!、と
謝り、泣き叫びながら目が覚める日々。


父が死んで半年、今更になって後悔の念に苦しめられる。
直後はバタバタしてじっくり悲しむ間もなかった。
「落ち着いた頃にやってくる」ってよく言われているよね。
それだ。


もう無理。と思った。
父の施設選び、母の家探し、母の引っ越し、父の施設替え、
父の入院、父の死、家族の呼び出し、
父の葬儀、父の納骨、実家の売却手配、売却契約、
取り壊しの契約、残置物処理の手続き立ち合い。
ガスや電気や電話の切り替えや契約解除の連絡なんか小さいことまで、
すべてすべてすべてすべて、私がやってきた。


鬱・な・の・に!!!!
つらい!!!!!

もうつらいつらいつらいつらい!!!!


普通の人だってきっとつらくて倒れるよ。
鬱だと余計に判断力がないんだよ。
なのにみんな、どうするどうするって全部私に訊いてくる。


ふり絞ってふり絞って、ない力をふり絞って、やってきた。


でももう枯れ果てた。これ以上頼らないでくれ。
もう逃げたい。もう死にたい。家を壊す前に死にたい。


と思ったところに、海外から友達夫婦がやってきたんだ。
会えばカラ元気で楽しく振る舞うけれど、無理が祟ってあとから死ぬ。



ついさっきメールがきて、
「来週のプランは何?なにするの?」と聞いてきた。
カチンときた。
私は専属ガイドじゃない。
すべて好意でボランティアでやってるのにわかってない。
そうさせてしまったのもすべて私のせいなんだろう。

こっちはあなたがたのせいで、疲れ果てて、
唇をヘルペスで腫らして、熱出してるんだぞ。


またかよ。。。
なんでみんな私に頼るの。


でもそうさせてしまったのも、全部自分のせいなんだ。わかってる。


でも今日はカチンときただけ、怒っただけパワーがある。

パワーがないと、そういうとき、
「死にたい」と思うようになるんだな。
たぶんそうだ。


死にたいと思っている自分を観察する自分がいて、
へーぇ、、と思った。


これまた初めての経験でした。




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

サラダまま
2015年11月29日 19:20
初めまして、更年期障害でヒットしたので、お邪魔します。
辛いよね…私も似た経験して、義理の両親を介護後に見送りました。主人の兄は、夫婦揃って知らぬ顔、ほぼ全て私が頼られて…それも結婚が遅かった私は、3年目の出来事です。当時は、パニック障害とうつで自分も一杯一杯で、辛かったです。でも全て過ぎれば終わる事です。お父様も家に戻れなくても、きっと貴女に感謝してるはず…私は、そう思います。出来ない時や辛い時は、旦那様に話しても良いと思いますよ!きっと寄り添ってくれる❤そう信じてね!
diameno
2015年12月05日 17:12
サラダままさんありがとうございます。本当に介護は辛いですよね。信じられないほどの数の切迫した選択に迫られます。自分が病気を持っているとさらにキツいですよね。本当にいっぱいいっぱいです。義理のご両親ではますます大変でしたね。きっと感謝されていることと思います。本当にお疲れ様でした。私も父にはしてやれなかったこともありますがそれでもその時その時では最善を尽くしたのだと自分に言い聞かせています。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック